大天神社 ★MARY★

2013年09月04日


おはようございますヽ(*´∀`*)ノ
旅ここ!のMARY(まりー)ですかわいい

今日は佐柳島の神社をご紹介★


2013-08-27 14.32.29_R.jpg


2013-08-27 14.33.13_R.jpg


佐柳島の大天神社に行ってきました(*^_^*)黒ハート

鳥居と参道の登り口の看板の写真カメラぴかぴか(新しい)


まゆちゃんと登ってきました♪♪

2013-08-27 14.33.18_R.jpg


まず緩やかな坂道を登っていきます。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。

遠足に来たみたいぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


2013-08-27 14.44.09_R.jpg


と、徐々に石段がexclamation&questionexclamation&question


1378204346173_R.jpg


これ・・・

こんぴらさんを思い出す石段ッ!!!

2人で息を切らしながら登り続けること約20分。。


2013-08-27 14.46.28_R.jpg


小さな鳥居が見えてきました!!


2013-08-27 14.46.47_R.jpg


お社も見えてきた!!!!


2013-08-27 14.49.18_R.jpg


天狗がいらっしゃいます!!!


昔、この場所にとっても珍しい大きな木がありました。
その落ち葉を掻き取ればたたりを受けるとか・・・



それで祀られたのがこの大天神社(だいてんじんじゃ)

通称大天狗(だいてぐ)


それだけ島の人の信仰を集めていた木があったのですね(゚ω゚*)るんるん

島の人にもっと神社のこと教えてもらわねば!!



1378204340450_R.jpg


ちなみにこちらの神社。

参道からはこんな絶景が見れます!!
とってもステキ!!

疲れも吹き飛ぶ(*^_^*)黒ハート


1378204375283_R.jpg


行ってみたいけど・・・あせあせ(飛び散る汗)
石段登るんちょっとしんどいし、苦手だという方exclamationexclamation

ご安心を(*^_^*)黒ハート
参道のふもとには杖があります★


2013-08-27 14.48.36_R.jpg


別世界に来たような時間を味わえるこの神社ぴかぴか(新しい)

島の人は月に2回、朝6時から清掃活動をしているみたいですぴかぴか(新しい)

大切にされてますね黒ハート


大天神社(だいてんじんじゃ) 通称:大天狗(だいてぐ)

佐柳字本浦(さなぎあざほんうら)

祭神 : 猿田彦神(さるたひこのかみ) 木霊神(こだまのかみ)



木霊神って特別な古木や巨木に宿る精霊ですね(*^_^*)
それだけ特別な木がここにあったのでしょうね




powered by 地図Z




地図アイコン2が神社の場所だよ★


こちらの神社。

なんとまだ奥に続く道があるとのこと。

下ってから島の人に教えていただきましたもうやだ〜(悲しい顔)たらーっ(汗)たらーっ(汗)


・・・次回、奥の院と呼ばれるその場所へ行ってみようと思います(`・ω・)b
リベンジするぞ!!


★MARY★


*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*


★佐柳島へのアクセス方法★




powered by 地図Z




港は地図アイコン1の所(゚ω゚*)


無題_R.jpg


★旅客運賃★

多度津〜佐柳(本浦) 大人660円 小人330円
多度津〜佐柳(長崎) 大人760円 小人380円


※いずれも片道料金


瀬戸芸に来られるお客様(゚ω゚*)

高見島と併せて佐柳島もぜひ黒ハート


【関連記事】

瀬戸内国際芸術祭秋会期舞台★高見島の情報はこちらから!

高見島応援団さざえ隊の情報はこちらから!


posted by tabicoco at 07:00 | Comment(1) | 高見島・佐柳島(゚ω゚*) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
数年前の夏に、フェリーで佐柳島を訪れたことを思い出しながら、ブログを懐かしく読みました。 フェリーが島に着いて・・降りた後・・「ここも多度津?」「静かだなぁ」と思ったのが第一印象。

港近辺を散策、そして、大天神社(大天狗神社)へ登りました。 石段の上にある神社に入った所に神社・そして、太鼓があったので・・「登った思い出に」・・と、ドンドンとばちを持って太鼓をたたいたところ・・ブーンという不気味な羽音。

空気が振動したらしく、近くにあったスズメバチを刺激したようです。 あちこちから、ブンブンと蜂の大群。 慌てて、(黒いところ)頭をタオル(白)で隠し、蜂の大群がおさまるのを息を殺して待ってから下山したのを思い出します。 あ〜怖かった。

その後は、フェリーの時間を待ちながら、島の両端にある墓を歩いてまわり・・テクテク歩きながら島から見える風景を楽しんだのを思い出します。

高見島は、秋の芸術祭の際に訪れる人がたくさんあろうかと思います。 もうひと港先まで足を伸ばし・・ゆっくり1日過ごすのもよいかと・・。同じ島でも、島ごとに何だか雰囲気が違います。 のんびりゆったり・・という感じの佐柳島。 そんな島で、ゆっくり過ごす時間も・・よいのでは・・。 是非、天気のいい秋の日に訪れてみては・・いかがですか・・。 
Posted by 別天地 at 2013年09月04日 19:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。