「畏敬・よみがえる失われたかたち」 まりりん

2013年10月05日

多度津EXPRESS 旅はここから!
まりりんですかわいい


瀬戸内国際芸術祭2013 in 高見島
会期中、参加アーティストさんのお声や制作過程を写真と共に紹介していきます(^^)

まずは、高見島の港につくと、ひと際目立つこの黄色い旗!
tabicoco001.JPG

「畏敬・よみがえる失われたかたち」
市村冨美夫・中川裕孝・テキスタイル研究室
(いちむらふみお・なかがわひろたか・てきすたいるけんきゅうしつ)


多度津町の園児・小中高校生たちが作った3000枚もの旗・大漁旗を設置しています(^^)
tabicoco002.JPG

ちょっとしたかくれんぼをしてみたり♪
tabicoco003.JPG

旗は、高見島のアート作品への道しるべにもなっています★
tabicoco004.JPG


お話を、市村冨美夫さんにお聞きしました!
ちょうどこの日は、京都精華大学の学生さんと設置状況の視察に高見島へ。
皆さん、旗の中にまぎれこみ、素敵な一枚☆
tabicoco005.JPG

高見島にある遠い昔、遠い時間と未来の時間を、多度津町に住む0歳児〜高校生までの手形を印した旗によって繋ごう!
というのがこの作品のコンセプト。

可愛らしい手。成長期を迎えた大人の手。
たくさんの手がたなびいて、まるで拍手をしている様です(^^)
旗は一つ一つバラバラだけど、この音が、手形が、みんなの絆をうみ、一つになっているのですね♫

黄色を選らんだのは、明るさ・未来・希望を感じさせる色だから。
そこに、空の青・海の青を手形で表しているのだそう!


よる観ると、手形の他にも字が書いてあったり、0歳児〜高校生までと年齢層も違う為、様々な旗があって面白い!
是非高見島に来られた際は、一つ一つ手にとって観て下さいね♪
tabicoco006.JPG



高見島に来るにはこちらのブログをチェック!

【関連カテゴリ】
瀬戸内国際芸術祭2013
高見島・佐柳島
てくてくたどつ♪


posted by tabicoco at 08:00 | Comment(0) | ♡瀬戸内国際芸術祭2013♡ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。