「Sea Room」 まりりん

2013年11月02日

多度津EXPRESS 旅はここから!
まりりんですかわいい


瀬戸芸 in 高見島! 旅ここ!!

そうやってアーティストの皆さんに元気良くお伝えしてもらっていたラジオも、瀬戸芸期間中最後の放送となりました。


最後にご紹介する作品はこちら!

Sea Room
小松 敏宏(こまつ としひろ)
tabicoco007.JPG


高見港を降りてすぐ観えるこちらの作品。

高見島の海水を瓶に入れ、積み重ね、高見島を表現しています。

4千個ものガラス瓶を使用!
海から海水を汲んできては入れ、重ね、接着。
手間のかかる作業です・・・
tabicoco005.JPG

海と共に生きてきた高見島の人たちのことを思い、制作されました(^^)


一番端は、特に水平に置くのが難しい!
はかりながら、慎重に作業を進めます。
tabicoco003.JPG

時間と共に変化するガラスの反射や色味。
海藻や貝殻なんかも入っていたりするんですよ♪

水、海、自然。
そういったものを、もう一度考えて欲しい。
高見島だけではなく、日本全体が海にかこまれています。
私たち日本人は、海と共に生きてきたんだということを考えて欲しい
、と小松さんは語ってくださいました。
tabicoco001.JPG




しかし・・・・・・




完成も間近という9月16日、台風18号によって、作品の3分の2が倒壊しました。

完成まであと50個。
ショック。という言葉では表せない程の喪失感。


そんな時、多度津町の人たち、そして、高見島の人たちが、ボランティアで修復のお手伝いをしてくださったのです!!



当初は入り口も奥も、瓶を18段積み重ねる構想がたてられていましたが、このように変貌をとげ、作品は完成しました!
作品が倒壊した後、船から改めて島を観ると、高いところもあれば低いところもある。
そして、漁師さんにお願いし、島を一周!
横から観ると、牛が寝ているような形をしている?
そういった形を再度見つめなおし、作品を制作しました。
2013-11-01 15.39.53_R.jpg
前からも上からも横からも、多角度から観た島を表現することができたのです(^^)

島の方たちからも、この方が高見島らしい!
とのお声をいただけたそう(*^^*)


倒壊したからこそ観えた高見島。
様々な困難を乗り越え、たくさんの温かい気持ちが詰まった作品。
まさに、汗と涙の結晶。と言わんばかりに、瓶が太陽に照らされキラキラと輝いています。




作品を再生することが、高見島を再生することに繋がれば・・・
という小松さんの想いは、きっと島の人たちや来島した方たちに伝わっているはずです(^^)



海水の色、太陽、反射。
様々な変化を魅せてくれるこちらの作品。
なんと!積み上げられたガラス瓶のどこかに、イイダコが入った瓶があるそうです!
きっと海水を入れた際、イイダコの赤ちゃんが混じっていたのでしょうね♪
tabicoco002.JPG
是非探してみて下さいっ(^◇^)



様々なドラマがある瀬戸内国際芸術祭!
残り数日、是非高見島へ足を運んでくださいね☆



時刻表・MAPなどはこちらから!

土日祝日、臨時便の高速艇も出ています!


【関連カテゴリ】
瀬戸内国際芸術祭2013
高見島・佐柳島


posted by tabicoco at 03:37 | Comment(0) | ♡瀬戸内国際芸術祭2013♡ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。