ため池(浄化プロジェクト)! タカさん

2014年03月26日


旅ここ!タカさんです!!

これまで「ため池」を紹介してきましたが!
今回は、イケチョウガイを使って「ため池」の水を浄化しようという試みについて紹介します。
以前のブログで多度津町と多度津高校が連携してプロジェクトをすすめていこうということでしたね!
(ブログリンクはこちら

IMG_4861_R.JPG

今は、まだプロジェクトも準備段階!本格始動前に多度津高校へ取材へ行きました!

IMG_4827_R.JPG

アマゴの馴致でお世話になった大坂先生(おおさかせんせい)です。
アマゴの海水馴致

IMG_4826_R.JPG

これがイケチョウガイです。
淡水に棲む二枚貝です。
このイケチョウガイ琵琶湖から取り寄せたそうです。
あとなにより驚いた事・・・
絶滅危惧T類です!!(゜o゜)


ため池の水が緑ぽいのは「ラン藻」とよばれるプランクトンなどが原因!
これをイケチョウガイが食べるわけです。

この水槽には10個、水中につるしていました。
番号は、イケチョウガイの成長を見るために書かれています。

イケチョウガイ海洋生産科飼育に取り組んでいます。
イケチョウガイの準備はできているようでした(^O^)

次はイケチョウガイを吊るすイカダを見せていただきました。

IMG_4834_R.JPG

4m×4mの鉄製のイカダ!

鉄!?(゜o゜)
説明を担当の先生にお願いすることに!

IMG_4835_R.JPG

機械科芳地先生(ほうちせんせい)です。
それでは説明をよろしくお願いします。

IMG_4830_R.JPG

鉄製のイカダですがウキを付けて浮かべるそうです。
これなら浮きますね(゜o゜)


IMG_4829_R.JPG

組み立て式のイカダなのです!!
機械科の生徒が制作したそうです。
この写真の右に出ている突起は縄をかけるところです。
ため池に浮かべて固定するのは海洋技術科の知識と技術を使います。


IMG_4828_R.JPG

芳地先生の話では、かなりの重量があるとか!
溶接したあとはグラインダーできれいに仕上げていました。
ペンキを塗って完成だそうです。

何色になるのでしょうか?楽しみですね!

IMG_4838_R.JPG

この太陽光パネル2台使って曝気(ばっき)装置の電力を確保します。
曝気(ばっき)装置を簡単にいうと「水槽の中へ空気をブクブク入れる装置」です。

IMG_4837_R.JPG

太陽光パネルで発電した電気を蓄電する装置です。
発電したままでは直流なので交流に変換しなければならないので変換機をとおします。
このあたりは、電気科の出番ですね!!

IMG_4831_R.JPG

このパネルと装置を置く小屋イカダの上に建てるようです。
このように多度津高校にあるすべての学科が協力してプロジェクトに取り組んでいます。

DCJため池浄化プロジェクトですね!(^O^)
本格始動は新年度!!3年生の課題研究になるそうです。
用意は順調に進んでいますよね!

そしてなんでも副産物もあるとか・・・


多度津のため池と多度津高校のプロジェクト!!
どのようになるのか早くみたいですね(^O^)

お忙しいところ取材させていただいてありがとうございます。



【関連リンク】
ため池シリーズ
ため池!(要池)
ため池!(白方池 水附池)
ため池!(八王寺池)
ため池!(千代池)


【関連カテゴリ】
学校教育関連☆
スポット

posted by tabicoco at 12:00 | Comment(0) | 学校教育関連☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。